【アウトドア日誌】キャンプ村やなせでバーベキューしてきました!2020年11月28日

キャンプ日誌

こんにちは!今回は茨城県のオートキャンプができるキャンプ場、「キャンプ村やなせ」でバーベキューをしてきたのでその記録を投稿いたします。

キャンプ村やなせは茨城県の大子町にあるキャンプ場で、聞くところによると40年も歴史のあるサイトだということで、設備やレンタルなどが充実しています。

キャンプ村やなせ – 自然を、自由に、楽しもう

今回は日帰りで職場の人たちとバーベキューを目的に行ってまいりましたので、紹介&レポートさせていただきます。

基本情報

公式ホームページより かわいい看板が目印です

アクセス

所在地:〒319-3361 茨城県久慈郡大子町頃藤5436
【お車】常磐高速道路那珂インターチェンジから国道118号線経由で37㎞、約50分
【電車】水郡線上小川駅から徒歩11分(常磐線水戸駅→上小川駅は1時間9分)

公式ホームページより引用

電話番号0295-74-0610
周辺環境山間(近くに川が有り)
開設期間通年 ※要お知らせチェック
テントサイトの状況土・草むら・砂利
公式ページURLhttps://yanase.camp/
標高69m

利用料金

※繁忙期は料金時間等変更になることもあるので要お問い合わせとのことでした。

日帰り(デイキャンプ)

大人(中学生以上):500円/子供(5歳以上):300円 駐車料:なし
チェックイン10:00 チェックアウト16:00

泊まり(フリーサイト:自由にテントを張って泊まれる区画)

大人(中学生以上):1,000円/子供(5歳以上):500円 駐車料1台:1,000円
チェックイン10:00 チェックアウト翌11:00

※バンガローもありますが、2020年11月現在移設工事中のため受付中止中

場内設備

バーベキューハウス、温水シャワー、炊事場、バーベキューハウス、トイレ(結構きれいでした)、自動販売機などあります。

売店もあり、ジュース、酒類、洗剤、燃料、氷、薪、炭、釣りエサ・仕掛けなどが売っており、時期が良ければ鮎の塩焼きもあります。

レンタル用品として、毛布、マットなどの防寒用品や、鍋、鉄板、網、調理用具、イス、テーブルなどのBBQ用品、カヌー、カヤックほかレジャー用品もありました。

また、FreeWifiがバーベキューハウス周辺で受信できます。

注意点

キャンプ場でのごみ処理には大子町指定ごみ袋の利用が必須です。キャンプ場の運用費にもなっているそうなので協力しました。

少し料金形態が複雑に感じました。施設利用時にはあらかじめ相談しておくとよいでしょう。

予約はLINEの友達から行うのも注意ですね。公式サイトのお問い合わせから登録することができます。

また、一緒に行った人がテントを張ったのですが、若干ペグの打ち込みが堅かったそうです。
テントを張る際はペグを打つところをよく見極めるか、強力なハンマーがあるとよいでしょう。

焚火やバーベキューは直火は禁止になりますので、焚火台やコンロは必須です。

良かったところ

景色が良い

なんといっても景観が良いのは素晴らしいことです。周辺がぐるっと山になっており、天気が良いと空と山のコントラストが美しいですね。川も流れているので大自然を満喫するのにはもってこいです。

設備が充実している

どの設備もとても綺麗で、不衛生さを感じません。女性にも安心して勧められるキャンプ場でした。
また、レンタル用品や売店などがあるのは道中の荷物を減らすことができるのでうれしい要素です。

周辺施設も充実

周辺には道の駅や温泉などもあり、キャンプだけでなく山間での楽しみがたくさんありました。

道中の道が良い

これは私がバイクで行ったのもありますが、信号も少なく、ワインディングを流すのにちょうどいい山道で乗りごたえがありました。

私の記録

今回は、日帰りバーベキューということで行ってまいりました。
昼前に現地集合とのことで約束していました。

私のバイクです(YAMAHA:ドラッグスター1100)

今回はバーベキューのみなので、イスとテーブルと調理器具だけ積んでいきました。
このくらいならバイクでも十分ですね。

この日はとても良い晴天に恵まれて最高のツーリングになりました。
それでも11月ですから、肌寒さはありましたけど・・・もう少し早ければ紅葉も美しかったのではないかと思います。

こちらは参考画像です

着いたら管理棟で受付しました。
日帰りのバーベキューのみなので500円でした。泊りでも自分でテントを張れば1,000円です。
普段ホテルなどに宿泊される方は安いと感じますね。

ブロック肉ジュウジュウ!うまそう・・・・

サイトについたら、すでに先に来た方がバーベキューの用意をしていてくださいました!
せっかくなので、普段家で焼いたら異臭騒ぎになりそうな大きなブロック豚肉をやきました!

炭火直火焼きでは半生でしたので、あとからホットサンドメーカーを使ってじっくりはさみ焼にしました。もう見た目のインパクトがすごいですが、やはり自然のなかで食べる食事は最高です。

食事のあとはゆっくり会話を楽しみました。途中通り雨のようなものがありましたが、やはり山の天気は変わりやすいですね、数分で止みました(笑)大自然のパワーをたくさん吸収して帰りました。

使用アウトドア用品

簡単ですが、自分の使用しているキャンプ用品を紹介します。

■和平フレイズ ホットサンドメーカー

和平フレイズ ホットサンドメーカー ガス火専用 あつほかダイニング AM-9867posted with カエレバAmazon.co.jpで詳細を見る

本来はホットサンドを作るための調理器具ですが、火の通りにくい大型肉や野菜などをこれで挟んで炭の中に放り込むだけでいい感じに焼いてくれる優れものです。Youtubeなどでもこれを使った料理動画が人気ですね。分解して鉄板としても使えるのでとても便利です。

■組み立てアウトドアチェア

アウトドアチェア【2020ver.】ウルトラライトフィットチェア ハイバック 発色◎リッチな風合いのオックスフォードクロス生地 超丈夫A7075航空超々ジュラルミン製 リュックで軽々運べる ゆったり キャンプチェア 耐過重120kg 超軽量 1.2kg コンパクト収納サイズ 45×13cmposted with カエレバAmazon.co.jpで詳細を見る

折り畳みのイスですが、これは特に軽く丈夫なイスです。
組み立てにも10分あればサクッと組みあがります。慣れれば3分くらいでした(笑)

バイクに乗る以上コンパクトさは大事なのですが、これは小さくまとまるためとても重宝しています。
座り心地も悪くないですよ~!色合いも気に入っています。

■DOD ステルスエックス 組み立てテーブル

DOD(ディーオーディー) ステルスエックス ゴミを隠すゴミ箱 6種類分別 テーブル機能付きposted with カエレバAmazon.co.jpで詳細を見る

DODのステルスエックスというテーブル兼ゴミ箱という変わった商品です。
Amazonのサイトのほうを確認してもらえればわかるのですが、中にゴミ袋をかけるカラビナが装着されており、横の隙間からゴミを捨てることができる優れものです。

それだけ多機能なのにもかかわらず、小さくコンパクトにまとめられるので、バイクでのキャンプツーリングでも十分持ち運べます。

あとがき

今回はキャンプ村やなせの紹介とバーベキューレポートさせていただきました。

キャンプ村やなせは料金も良心的ですし、設備も充実しており、自分のようななんちゃってキャンパーでも十分楽しめる素晴らしいキャンプ場でした。

たまたま、一緒に行った方々がキャンプを趣味にされている人たちだったので、焚火台やコンロを用意する必要がなかったので身軽に行きましたが、もしそれがなくてもレンタルすることでも十分楽しめたと思います。色々趣味の先輩たちには頼りっきりでしたが楽しさを教わったと思います。

もっと写真を撮っておけばと思ったのですが、会話に夢中になってしまい忘れてしまいました・・・。
いやーたのしかった。

今度は自前のテントを用意していきたいなーと思います!

何かのお役に立てれば幸いです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました